キャッシュレス決済の旗手はクレジットカード!年代別、電子マネーの決済方法の違いとその理由

1 min 139 views
キャッシュレス決済の種類

クレジットカード、プリペイドカード、コード決済など、キャッシュレス決済の方法は色々有りますが、年代によって主流の決済方法が違うらしいのです。

高齢者は馴染みのスーパーが発行しているWAONなどのプリペイドカードが主流。
お釣りが発生しないので小銭の扱いに困らず、カードを提示するだけのお手軽さが人気。

若年層はスマホ画面を提示して決済する「Pay系」のコード決済が主力。
常にスマートフォンを弄っている世代なので決済方法もスマホに依存傾向。

働き盛りの30代、40代層は、クレジットカード。
大きな買い物にも対応できるクレジットカードは必需品。
対応店舗が多いのもクレジットカードの優位性。

こうしてみるとキャッシュレス決済が現金払いより多いような雰囲気ですが、日本はまだまだ現金が主流なんです。2025年に40%の達成目標を掲げているくらいですから。
でも確実にキャッシュレスの波は迫ってきています。
クレジットカードデビューしてみませんか?

楽天カードは初心者におススメ

初めてのクレジットカードは安心できて使い勝手が良いものがいいですよね?
楽天カードはテレビCMでも頻繁に目にするように大人気のクレジットカードです。
18歳以上(高校生は除く)で主婦・パート・アルバイトの人でも申し込める間口の広さが魅力。
年会費は無料でポイント還元率は1%と高水準。

楽天カードに限りませんが、クレジットカードのメリットは公共料金や国民年金などの支払いでポイントが貯まる事です。毎月支払わなけらばいけないものでポイントが貰えるのはお得です。NHKの受信料も支払えます。
銀行口座引き落としにしている人は損をしています。

来るべきキャッシュレス時代に備えてクレジットカード生活を始めて下さい。
そこからお得生活が始まります。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です